Raspberry Pi用のOS raspbian Jessie/Stretchを日本語化してみた

【この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。】

先日、アマゾンでraspberry Pi 3を購入しました。

プリインストールされているOSはDebianベースのRaspbian Jessieです。
なお、2017年8月16日に新しいバージョンのRaspbian Stretchがリリースされたため、今後の製品にはRespbian Stretchがプリインストールされるようです。
今回は、JessieとStretchの日本語化について説明したいと思います。

aptの参照先についての注意事項

raspbianについてはバージョン毎のサポート期間は公開されていません。基本的に、最新のバージョンを使用することをオススメします。
それでも例えば今回私が購入したraspberry pi 3のキットはモニター付きでモニタードライバ等がプリインストールされたraspbian Jessieのため、そのまま、使い続けたいということもあると思います。
その場合、日本語化するには、まずaptの参照先を変更する必要があります。
その方法については、以下にまとめていますので、参考にして下さい。
※Stretchの場合は関係ありません。

サポート期間を終了した? raspbian Jessie を使い続けたい場合 ー aptの参照先を変更する方法
先日、アマゾンでraspberry Pi 3を購入しました。 wiwiston Raspberry Pi3 Model...

日本語化の手順

1.ネット接続の準備-WiFi設定

有線LANまたはWiFiで接続します。日本語化の場合は、WiFi接続で特に問題ないと思います。

画面右上、メニューバーの中、Bluetoothの右の記号をクリックします。
自宅のWiFiのSSIDを選んで”Pre Shared key”にパスワードを入力します。
すぐにSSIDが表示されないときは、いったん”Turn off Wi-Fi”を選んだのち、再び”Turn On Wi-Fi”を選ぶと表示が正常化されます。

2.外付けHDMI接続のモニターへ切替

raspberry Piはコンポジット、HDMI、DSI(Display Serial Interface)の3種類のビデオ出力に対応しています。

私の場合、キットを購入したので、DSI接続している3.5インチタッチモニターから外付けのHDMIに切り替えて大画面で操作しました。
色々なケースがあると思いますが、だいたい以下のようにドライバフォルダから切替可能です。

HDMI接続を使用した場合

#ターミナルを開いて以下を入力します。
cd LCD-show
./LCD-hdmi

3.5インチLCDを使用したい場合

#ターミナルを開いて以下を入力します。
cd LCD-show
./LCD35-show

3.日本のミラーサイトを登録

海外のサーバーでaptを実行すると非常に時間がかかる場合があります。
デフォルトだと「mirrordirector.raspbian.org」からaptのパッケージを取得するようになっています。
適切なミラーサーバにリダイレクトしてくれるみたいなのですが、最初から日本のミラーサイトからダウンロードするように設定した方が早いと思います。
※変更しなくても日本のサーバにリダイレクトされるはずなので問題はないと思います。

その場合、「/etc/apt/sources.list」を適当なエディタで開きます。
デフォルト設定をコメントアウトして、Raspbianの日本のミラーサーバへと書き換えます。

/etc/apt/sources.listのaptの参照先の変更

/raspbian/以下の部分は、
Stretchの場合は、stretch main contrib non-free rpi
Jessieの場合は、jessie main contrib non-free rpi とします。
以下はStretchの場合です。※コメントアウトするサーバーもそれぞれstretchまたはjessieになっています。

(変更前)

deb http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ stretch main contrib non-free rpi
# Uncomment line below then 'apt-get update' to enable 'apt-get source'
#deb-src http://archive.raspbian.org/raspbian/ stretch main contrib non-free rpi

(変更手順)

##ターミナルを開きデフォルトのエディターnanoをsudoで実行し以下のファイルを書き換えます。
sudo nano /etc/apt/sources.list
##好みの日本のミラーサーバーを追加します。
deb http://ftp.jaist.ac.jp/raspbian/ stretch main contrib non-free rpi
# 下の本来のミラーサーバーを「#」を使ってコメントアウトします。
# deb http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ stretch main contrib non-free rpi
# Uncomment line below then 'apt-get update' to enable 'apt-get source'
#deb-src http://archive.raspbian.org/raspbian/ stretch main contrib non-free rpi
##nanoで「Ctrl9」+「X」で保存して終了します、「y」を選択し、「Enter」で書き換え保存終了です。

日本のミラーサイト

2017年11月20日現在、使用できた日本のミラーサイトは以下のとおりです。

1.http://ftp.jaist.ac.jp/raspbian/
2.http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/raspbian/raspbian/
3.http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/raspbian/raspbian/

4.日本語システムフォント、日本語ターミナルフォント、日本語入力用フォントのインストール

Jessieの場合は、全てのフォントをインストールします。
Stretchの場合は、既に日本語システムフォントとターミナルフォントはインストール済なので、日本語入力用フォントのみをインストールします。

(変更手順)

##ターミナルを開き以下の操作を実行します。
##リポジトリを更新
sudo apt-get update
##必要な更新の実行
sudo apt-get -y upgrade
##日本語システムフォントのインストール
sudo apt-get -y install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname 
##日本語ターミナルフォントのインストール
sudo apt-get -y install jfbterm
##日本語入力用フォントのインストール
sudo apt-get -y install uim uim-anthy
#再起動する
sudo reboot
##再起動後文字化けしている場合はjfbtermを実行してください
jfbterm
##(参考)
##日本語入力用フォントは他にも以下の様なものもあります。
sudo apt-get -y install ibus-mozc
sudo apt-get -y install fcitx-mozc

5.Menuからロケールを日本語に変更

MenuのPreferencesのRaspberry Pi Configrationから設定します。

raspberry Pi ConfigrationのLocalizationタブを開きます。

「Set Locale」、「SetTimezone」、「Set Keyboard」、「Set WiFi Country」をそれぞれ日本/日本語に変更します。これで日本語化は完了です。

なお、Stretchでロケールの変更後システムフォントが文字化けしている場合は、上述の日本語ターミナルフォントjfbtermをインストールして再起動してみて下さい。

以上

参考

raspbianのバージョン確認方法

##ターミナルを開き以下の操作を実行します。
##方法1
##catコマンドで、/etc/debian_version ファイルを確認します。
cat /etc/debian_version
  7.8
##方法2
##catコマンドで、/etc/issue ファイルを確認します。
cat /etc/issue
  Raspbian GNU/Linux 7 \n \l
##方法3
##lsb_releaseコマンドでバージョンを確認できます。
##lsb_release パッケージが入っていない場合、インストールします。
sudo apt-get install lsb-release
##lsb_release コマンドを -a オプションを付けて実行すると、コードネームを含めて確認できます。
lsb_release -a
  No LSB modules are available.
  Distributor ID: Debian
  Description:    Debian GNU/Linux 7.8 (wheezy)
  Release:        7.8
  Codename:       wheezy

パッケージがインストールされているか確認する方法

##ターミナルを開き以下の操作を実行します。
##インストール済パッケージのバージョン確認ですが、インストールされていればバージョンが表示されます。
##例
sudo apt-cache policy ibus-mozc
  ibus-mozc:
  Installed: 1.15.18557.102-1+b1
  Candidate: 1.15.18557.102-1+b1