Teclast P80H Android 8inch Tablet レビュー

【この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。】

7インチタブレットが文鎮化したため、新しい携帯サイズのタブレットが欲しくなった。

Teclast社の11.6インチタブレットが非常に良かったので、同じTeclast社の8インチAndroidタブレットを入手することにした。

製造メーカー teclast社

ホームページがこちら。

入手先

teclast社のtabletは色々なところで入手できる。
今回、入手したのは、日本のAmazonの販売業者きみのためから。

注意点-製造時期で仕様に違いがある

私が入手したモデルは、D4C5だった。現行モデルはD4C6のようなので、以下の点で仕様に違いがあるので注意が必要だ。

 D4C5
(入手したモデル)
D4C6
(現行モデル)
WiFi
2.4GHz/5Ghz対応2.4GHzのみ
中華アプリ必要最低限多数インストール済
GPUMTK Sapphire650Mail-T720

上記を見てもわかるとおり、入手したD4C5モデルの方が現行モデル(D4C6)よりも高スペックに思える。

 

スペック

デバイス情報確認アプリ「AIDA64」、「AnTuTu3DMark」、「CPUX」で、スペックを確認した。

製造元Teclast
モデルP80h(D4C5)
※現行モデルはP80h(D4C6)
OSAndroid V5.1(Lollipop) API Level 22
CPUMTK(MediaTek社)
MT8163 ARM A53 1.3GHz 4Core(Quad Core) 64bit
GPUMTK(MediaTek社)Sapphire650
※Mail-T720ではない点に注意
RAM1GB
実容量:969MB
ROM8GB
実容量4459MB
空き容量:3124MB(デフォルト)
ディスプレイ1280×800(210 dpi)
7.19インチ
リア・カメラ写真:2.2 MP(1920 × 1152)
動画:2.1 MP(1920 × 1088)
フロント・カメラ写真:4.9 MP(2560 × 1920)
動画:0.3 MP(640 × 480)
WiFi2.4GHz/5.0GHz対応
バッテリー容量3400mAh
OTG対応(USB2.0準拠)
GPS対応
NFC非対応

現行モデル(D4C6)に比べて、カメラの性能がアップしているように思われる。GPUも推測だが、Sapphire650の方が良い感じがする。
ROM(ストレージ容量)は8GB、実容量4.4GBだが、約541MBのサンプル動画ファイルとサンプル画像ファイルが入っている。一括削除して空き容量を増やしておくのが良い。

セット内容

本体のほか、充電用MicroUSB-USBケーブルと簡単な英語の取扱説明書が付属している。

%ef%bc%91%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e5%86%85%e5%ae%b9

外観

色は白、厚みは5mm程度で薄型になっている。

%ef%bc%92%e8%a1%a8%e8%a3%8f

ポート類は、上部に充電用MicroUSBポートとMicroHDMIポートがあり、側面にMicroSDカードスロットがある。
側面に電源ボタンとボリュームボタンが付いている。

%ef%bc%93%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e9%a1%9e

GPS

入手直後、曇天、雨天が続き、全くGPSが測位されなかったので、カタログスペックと違いGPSがサポートされていないものと勘違いしていた。
その後、晴天が続いたので、ドライブ等したところGPS測位が出来ることを確認した。

GPS測位、性能

室内ではまず測位してくれない。また、曇天でも測位は難しいと思ってくれたほうが正しい。

晴天時に1日ドライブに出かけてAndroidアプリを試した結果は以下のとおり。
☆「Yahoo!カーナビ」や「Googleマップ」でカーナビ代わりに使えるかテストしたが、役に立たなかった。
☆「Run Keeper」などのジョギングアプリはGPS測位も出来、使用することが出来た。
☆「GPS Track Recorder」というGPSロガーアプリは問題なく利用出来た。

56

なお、GPS衛星は最大で12個同時に捉えることが出来たが、平均的には10個前後であった。

ベンチマークテスト

ベンチマークの定番アプリ「AnTuTu3D」でベンチマークテストを行った結果が以下。
スコア:23254(3D- UX11362 CPU8697 RAM3195)
 ※ローエンドタブレットにも関わらず非常に優秀なスコアだ。

%ef%bc%97%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

初期設定

1)デフォルトで英語になっている。
2)「設定→言語と入力」から「言語」を「日本語」に変更。
3)「設定→日付と時刻」から「タイムゾーンの選択」を「日本標準時」に変更。
4)「設定→Wi-Fi」からWiFii設定を行う。
5)「GooglePlayStore」アプリで「Google日本語入力」をインストール、アプリの指示に従って設定する。
6)中華製の不要なアプリがあれば削除しようと思ったのだが、一切なし。
7)ランチャーをデフォルトのランチャーから好みのランチャーに変更。
 ※私はZenランチャーに変更。
8)念のため、無料で高機能(ただし広告あり)なウィルス対策アプリ「AVG AntiVirus」を入れてウィルスチェックした。
 ☆特にウィルスは検出されなかった。
 ☆リスクが2点発見され
  1)「設定→セキュリティー提供元不明のアプリ」の「インストールを許可する」から「インストールを許可しない」へ変更。
  2)「設定→開発者向けオプション→USBデバック」が有効になっているので、無効に変更。
   ※ただし、開発者向けオプションがそもそも無効になっているので、問題ないのだが…
9)既に上で記載しているが、約541MBのタブレット使用方法等の動画/画像ファイルがあるので一括削除。
10)自分の好きなアプリをインストール。
これで、ほぼ自分好みのタブレットが出来上がる。

%e5%ae%9f%e9%9a%9b%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

実際に使ってみて

30分足らずで、自分好みのタブレットに設定完了した。
動作はサクサクで全く問題はない。
Amazonプライムビデオを動画再生では一番良く使っているが、綺麗に再生されて大満足。
WiFi接続も切れることなくしっかり電波を拾っている。

%e5%ae%9f%e9%9a%9b%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

ROM(ストレージ)容量が少ないので、速攻でMicroSDカード32GBを挿した。
デフォルトのファイルの保存場所をMicroSDカードに変更すること。
 ※「設定→ストレージ」から「デフォルト書き込みディスク」をSDカードに変更。

フロントとリアカメラが面白い構成になっている。
 画像は自撮りを優先して、フロントカメラの方が解像度が高くなっている。
 動画は一般的にリアカメラを使うだろうと考え、リアカメラの方が解像度が高くなっている。

総評

Teclastは後発の中国系タブレット等のメーカーだが、最近は、低価格で高性能なものづくりを徹底している感じがする。
この価格でこのスペックは正直驚きだ。日本語化も簡単で、動作もサクサクなので今のところ不満はない。
入手して1ヶ月程度だが、現状不具合等も一切発生しておらず、大満足の一台となった。
以上

参考-他のTeclastタブレット

私のレビュー

Teclast X3Pro Windows10 tablet レビュー
愛用していた12.2インチのミニノートの液晶が壊れてしまい、同じくらいの大きさのタブレットを探していた。 そんな時見つけたのが、中国のタブ...

入手先

もし良ければお願いします。

良かったらフォローお願いします。