最高のスマホ用ジンバル(スタビライザー)低価格高性能 Zhiyun社 Smooth-Q 製品レビュー

【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。】

カメラのブレを防止して滑らかな映像を撮れる機器、「スタビライザー」はみなさんご存知ですよね。ところで皆さん「ジンバル」というのをご存知ですか?
今回、最高のスマホ用ジンバルを購入したので早速レビューしてみたいと思います。

ちなみに今回購入したのは「Zhiyun Smooth-Q」です。
この製品は、高性能ジンバルメーカー「Zhiyun」社が、第5世代ハニカムコア技術等を採用することで大人気商品となった「Zhiyun Smooth Ⅱ」の後継機としてモーター性能と反応スピードを約30%-40%改善し、2017年春に発表した最新製品です。

ジンバルとスタビライザー

ジンバルは、スタビライザーの一種でカメラのブレを防止して滑らかな映像を撮れる機器です。
ジンバルには小型のブラシレスモーターが搭載されていて、センサーで傾きを感知するとブラシレスモーターが作動し、自動的に傾きを調整してくれます。
一般的なスタビライザーのように重りを調整する必要がありません。
スタビライザーのうち、このようにモーターで稼働するスタビライザーをジンバルと呼んでいると覚えておけば良いと思います。
ジンバルは、一般的なスタビライザーより滑らかな映像が撮れ、軽くてコンパクトです。
ただし、ブラシレスモーターを使った精密機器なので、一般的なスタビライザーよりも高価で、衝撃に弱いという弱点もあります。

Zhiyun社について

中国の新進気鋭のジンバルメーカーです。
まだ歴史は浅いようですが、次々と新製品を発表し今最も熱い企業の1つです。

As one of the world’s leading tech companies of professional stabilization system, ZHIYUN provides worldwide customers with a comprehensive set of innovative so...


入手先

私はAmazonで購入しました。以下の2店舗はどちらも中国系の販売業者ですが、私自身、こちらの店舗でいくつか製品を購入しています。
日本向けを意識した販売をしているので、安心して購入出来ます。オススメですよ。
changle
Tukala Japan

Smooth-Qのセット内容

パッケージはそのまんま中国製のイメージです。

セット内容は、本来の「Smooth-Q」のパッケージに加え、販売業者さんが、「日本語の取扱説明書」を作成し、更におまけで「Gopro Hero 5/4/3 / 3+カメラ​用プレートセット」を付属してくれています。
本来のセット内容の方には、「 Zhiyun Smooth-Q」本体、MicroUSB-SB充電用ケーブル、携帯ケース、携帯ケース用ストラップ、英語の取扱説明書が付属しています。

ケース

Smooth-Q本体だけを収納できるケースは緩衝材入りでしっかSmooth-Qを守ってくれます。

Smooth-Qの主な仕様とジンバル機能

以下の図がわかりやすいと思います。

仕様

ジンバル機構

外観

色はブラックで金属と樹脂で出来ています。重さは実測で約450gでした。(内蔵バッテリーは内蔵された状態です。)

スマホのサイズは6インチまで、最大ペイロード(搭載するスマホの最大重量)は220gですので、普通のスマホなら問題ないでしょう。

コントローラー部分の脇に充電用のMicroUSBポートがあります。

取手のお尻の部分に三脚取付用1/4ネジ穴とスマホ等への給電用USBポートが用意されています。

実際に使ってみましょう

充電

上記MicroUSBポートを利用して付属のケーブルで充電します。
4000mAhのバッテリーが内蔵されていますので、フル充電後は、12時間程度の連続使用が可能です。
モバイルバッテリー機能もあるため、USBポートからスマホに充電しながら使用することも出来ます。※5V/2A出力です。

スマホのセット

スマホをSmooth-Qのスマホホルダーにセットします。スマホホルダーが両方とも伸びるのではめ込みに多少慣れが必要でした。
スマホホルダーの中央にスマホをセットするのはスマホのボタン位置の関係で難しいと思います。そのため、キャリブレーション(重心調整)を行ってやる必要があります。
ただし、キャリブレーションと言っても神経質になる必要は全くありません。最終的にはSmooth-Qが自動で位置調整を行うので、極端に重心がズレないようにしておいてやれば良いだけです。
スマホを多少ずらしてスマホホルダーに取り付ける場合、キャリブレーション用のノブを最大限伸ばしてやればだいたいOKです。

スマホは、キャリブレーション用のノブを最大限伸ばした後に取り付けます。

Smooth-Qの起動

スマホがセット出来たら、コントローラーの電源ボタンを3秒長押して電源をいれます。

電源が入るとキャリブレーションに問題なければ、ジンバルが稼働しスマホを水平な定位置に自動でセットしてくれます。

操作モード

モードは全部で3つあります。
「フォローモード」(説明書では左右に従うモード):パン(水平)方向にはゆっくりと追随し、チルト(垂直)方向は固定です。
「ロックモード」(説明書では完全ロックモード):パン、チルトとも固定です。
「フル(フォロー)モード」(説明書では完全従うモード):パン、チルトともゆっくりと追随します。

起動時は「フォローモード」です。
MODEボタンをクリックするたびに「フォローモード」と「ロックモード」が切り替わります。
MODEボタンのダブルクリックで「フル(フォロー)モードに入り、クリックすることでフォローモードまたはロックモードに戻ります。

「ロッカーボタン」は「フォローモード」または「フル(フォロー)モード」の時に有効で「パン・チルト操作」が出来ます。

操作方法についてはMDAskaterさんがYoutubeで公開している動画が非常にわかりやすいと思いますので参考にしてみて下さい。

私がAmazonにレビューを投稿した際に作成した動画です。こちらは下手くそですが少しでも参考になればと思います。

コントローラーのモード切り替え方法は次のようになります。

スマホアプリ

スマホアプリ「Zhiyun Assitant」を利用すると他にも色々な操作が可能なります。
電源ボタンとズームボタンを利用して、シャッター機能やズーム機能をコントロールできます。 
またスマホアプリを使いこなせれば対象物を決めて自動追従することも可能なので、ドローンの撮影などにも最適です。

最後に

実際に撮影に利用するとわかりますが、非常にスムースな映像が撮影出来ます。
地面を水平に流れる映像などはこの機材を使うとプロ並みに綺麗に撮影出来ると思います。
スマホアプリはこれから覚えますが、アプリを使いこなせると更に撮影の幅が広がりそうで楽しみです。
重いというほどでもないので、スマホで良く動画を撮影する人には必須の機材といえるのではないでしょうか。以上

割引コード

なお、販売店Tukalaより1,000円割引のプロモーションコードを頂きました。
アマゾンで購入時にこの割引コードを適用すれば、1,000円割引されるので活用して下さい。

1,000円割引のプロモーションコード:HGKLKA6H

参考

Tukala Japanの店舗ラインナップ

changleの店舗ラインナップ