UGEE UG-2150 21.5インチ大画面液晶 イケてる液晶デジタルペンタブレット

【この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。】

前から欲しかった液タブをとうとう購入しました。
お金があれば、何も考えずにワコム 液晶ペンタブ 21.5インチ Cintiq22HDを買えばよいのですが、20万円では手が出ません。
そこで、21.5インチクラスの中国製液晶ペンタブ4機種(Yiynova MVP22U+DT、XP-Pen Artist22、HUION GT-220、Parblo Coast22)と比較検討した結果、値段が一番安いにも関わらず性能的に満足出来るUGEE UG-2150に決めました。

UGEE社について

中国の新進気鋭のお絵かきタブレットメーカーです。
まだ歴史は浅いようですが、次々と新製品を発表し今最も熱い企業の1つです。

入手先

私はAmazonで購入しました。中国系の販売業者ですが、私自身、こちらの店舗でいくつか製品を購入しています。
日本向けを意識した販売をしているので、安心して購入出来ます。オススメです。
販売店changle
販売店 changle 商品ラインナップ

UGEE UG-2150のセット内容

パッケージ

ダンボールインダンボール梱包です。製品が入った箱を更にダンボールでしっかり梱包した状態で届きました。
発泡スチロールと包装用ビニールを随所にふんだんに使い完璧に保護された状態で届きます。

セット一式

とにかく至れり尽くせりのセット内容です。

モニタ接続関係

ビデオ接続用ケーブル(VGAケーブル、HDMIケーブル、MiniDP-VGA変換アダブタが付属しています。

電源、PC関連

電源アダブタと電源コード、PC接続用USBケーブルが付属しています。
※電源プラグが3ピンなので、日本の家庭用ACコンセントでは使用できないため、別途アダブタが必要になります。

ペン関連

充電式ペンと専用充電ケーブルが各2本、ペンホルダー(8本の交換用ペン先、ペン先取り外しツール内蔵)が付属しています。

マニュアル関連

ドライバ用CD-ROM、英語の取扱説明書と日本語の取扱説明書が付属しています。

外観

本体の画面サイズは21.5インチで、ブラックのプラスチック製ボディです。


モニタースタンド

モニタースタンドがデフォルトでセットされています。

モニタースタンドは垂直からほぼ水平まで調整可能です。


操作ボタン等

物理キーはなく、モニター下部に電源ボタン、OSD用ボタン(MENU、+、ー、AUTO)が配置されています。

背面下部にポート類が配置されていて、PCとの接続用USB-Bポート、電源ジャック、HDMIポート、DVIポート、VGAポートがあります。

スペックの確認

ディスプレイとして
ディスプレイ21.5インチIPS液晶ディスプレイ
ディスプレイ解像度1920×1080ピクセル
視野角178度(水平/垂直)
最大表示色
1670万色
コントラスト比
1000:1
明るさ
6250cd/㎡
液晶ペンタブレットとして
解像度
5080LPI
圧力感度
2048レベル
精度
0.25mm
高さ
15mm(MAX.)
レポートレート
220RPS
ピクセルピッチ
0.24825mm x0.24825mm
応答時間
14ms
対応システムWindows 2000/XP/Vista/Windows 7/8 Mac OS 10.2.6または以上
その他PSE認証済み

実際に使ってみました

準備

最初に充電式ペンを充電します。充電中は青色LEDが点灯し、充電が完了すると消えます。

今回はビデオはHDMIケーブルで接続し、電源ケーブルとPC接続ケーブルもそれぞれ接続します。
※電源ケーブルはアダブタと合わせて2.8mあるので十分ですが、HDMIケーブルとPC接続ケーブルは1.5mしかないので注意が必要です。

本体の設置、ケーブルの接続が完了したら、電源を入れます。

デフォルトのモニター画面はかなり白っぽいので後々OSD調整は必要になると思います。

ディスプレイ設定(マルチモニター設定)は「拡張」でも「複製」でも大丈夫ですが、キャリブレーション等を最初に行うので、「複製」に設定します。

ディスプレイ設定が終わったら、CD-ROMに入っているドライバをインストールします。
※ペンタブのお約束ですが、他社製のドライバは干渉するので、全て事前にアンインストールしておきましょう。

再起動後、タスクトレイにアイコンが表示されたら成功ですので、クリックしてドライバアプリを起動します。

ペンは2ボタンなので、ボタンにショートカットの設定をします。その後筆圧、キャリブレーション調整をします。

 Youtube動画挿入

実際に使ってみて

ドライバの良し悪しについては賛否両論あるようですが、普通に使えます。
ドライバの文字化けもなく、日本語はしっかり表示されました。
筆圧は固めなので、ドライバの設定で一番柔らかめに設定しましょう。
ペンはちょっとしなって沈み込む感じですが、慣れの問題だと思います。
ペンは、まだ使用期間が短いですが、1回充電して以降、全く再充電の必要性を感じない程度には持ちます。
ペンは2ボタンですが、デフォルトでボタン1は、ペンと消しゴムを切り替える仕様になっています。
キャリブレーションはしっかりやらないと画面の端は辛いです。※逆にキャリブレーションをしっかりやれば問題ありません。
Windows10環境ですが、pixia、MediBang Paint Pro等特に問題なく使えます。
視差(ガラスと液晶との距離)は気になりませんでした。
モニタースタンドがなかなか使い勝手が良いです。電源プラグが3ピンなのは残念ですが。

総評

かなりイケてると思います。
Cintiq22HDとの価格差ほどの性能差は全く感じません。
圧倒的コスパだと思うのでオススメです。
耐久性とかは購入間もないのでわかりませんが、作りはしっかりしていると思います。

割引コード

なお、販売店changleより1,000円割引のプロモーションコードを頂きました。
アマゾンで購入時にこの割引コードを適用すれば、1,000円割引されるので活用して下さい。

1,000円割引のプロモーションコード:8D7MM4TZ