Twitterのリスト管理機能が強化されリスト数最大1,000個、1リストに最大5,000アカウント可能に

【この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。】

Twitter社は2013年5月30日(米国時間)、リスト機能の大幅な強化を発表した。

これにより、リストは最大1000個まで作成可能となり、また、各リストには最大5000個までアカウント登録ができるようになった。

今まではリストは最大20個まで、各リストに登録できるアカウント数は500個までとなっていた。

Twitter for News

パーソナルユースとしては1リストへのアカウント登録数については、よほどのへピーユーザーでもないと活用しきれない量になった気がする。

実際、500アカウント程度でないとタイムラインは追いきれないだろう。
しかし、企業等のパワーユーザーには別途利用方法があるとは想像される。

むしろ、リスト数が最大1,000個まで作成可能になったことが重要だと思う。
これで、フォロワー管理が便利になったのは間違いない。

以上

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

もし良ければお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良かったらフォローお願いします。