WordPressプラグイン スライダー型captcha認証「minteye」が面白い(広告収入も得られる?)

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】

当サイトに設置しているcaptcha認証のWordPressプラグインは、パズルタイプの「Captcha Garb」だ。
本当は、スライドバーをスライドさせるタイプを設置したかった。色々探していたら面白いスライドバー系のcaptcha認証のWordPressプラグインを発見したので、紹介する。
歪曲した画像をスライダーを動かして正しい画像にすることでcaptcha認証するWordPressプラグイン「minteye」だ。余得として、広告を表示させれば広告収入も得られる仕組みのようだ。

「minteye」の特徴

  • スライダーを動かして歪曲した画像を正しい画像にすることでcaptcha認証としている。
  • 画像は普通の画像の他、広告画像を表示することもでき、広告収入を得られる仕組み。
  • 利用するには登録する必要がある。
  • 日本語には対応していないが、直感的に求められていることがわかるので、特に支障はない。
minteye

「minteye」のダウンロードとインストール

WordPressダッシュボード>プラグイン>新規追加で「minteye」または「slide captcha」で検索してインストールし、有効化する。
「minteye」のWordPressプラグインページからもダウンロードできる。

「minteye」のホームページと登録

「minteye」の有効化とホームページへのアクセス

有効化したらWordPressダッシュボード>設定>AdsCaptchaが「minteye」の設定画面となる。
設定画面で「CaptchaID」「Public key」「Private key」を入力しなければ利用できないので、まずは、「minteye」を利用するために、「minteye」のホームページで利用登録する。

「minteye」の利用登録

まずは、ホームページの「FOR SITE OWNERS」の「SIGN UP」をクリックする。

minteyehome

次に、以下のようにE-mailアドレス、パスワード(確認も忘れずに)、チェックボックスににそれぞれチェックして、「Submit」をクリックする。

minteyehome2

次に以下の画面で自分のサイトを登録し、必要事項を記載する。
重要なのは、「captcha type」で「Commercial」を選ぶと広告画像が表示されるが、収益にもつながる点。必要なければ、「Non Commercial」を選ぶとよい。後から変更はできない。(現状確認する限り。)
ちなみに、私は「Non Commercial」を選んだ。
よければ、「Submit」をクリックする。

minteyehome3

すると必要な情報が表示される。

minteyehome4

「minteye」の設定

必要な情報は取得できたので、設定画面に戻り、以下のように入力して「Update Options」をクリックする。

minteyehome6

これでコメント欄に「minteye」captcha認証が設置されている。
以上

私がコメント欄に設置しているcaptcha認証については、WordPressプラグイン パズル型captcha認証「Captcha Garb」を導入してみたを是非参考にしてほしい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

  1. yuyuyu より:

    uyfkuyfkuyfmku

  2. yuyuyu より:

    ytfjdyt