WordPressの日本語対応でフリー(無料)のテーマ「Fastfood」「Wallow」「Shiword」「Boozurk」

【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

WordPressのテーマを紹介しているサイトは多々あるが、自分のサイトに合うのか合わないのか、使い勝手はいいのか悪いのか、カスタマイズはどうなのか・・・などなど結局インストールして有効化してみるまではわからないことが多い。

先ごろ、通常のHTMLを使ったホームページ(固定ページ中心)をWordPressを使ったサイトへ移植したのだが、その際に100種類以上のWordPressテーマを試してみて、一番素晴らしいと感じたTwo Beers Project作成の無料テーマ「Fastfood」他を紹介する。


Two Beers Project

Two Beers Project

Two Beer Preject作成のテーマ

現在、4つのテーマが用意されている。
どのテーマも日本語化ファイルは、Two Beers Projectのサイトでも紹介されているまいにち@ぐだぐださんのホームページからダウンロードできる。完璧な日本語化に対応している。
また、特筆すべきはMobile対応されていること。画面最下部にモバイル用表示への切り替えボタンも用意されており、すぐに確認することができる。

「Boozurk」以外の「 Fastfood」、「Wallow」、「Shiword」は、WordPress管理画面のテーマのインストールから検索してインストールできる。「Boozurk」が一番完成度が低いためかもしれない。
※とはいえ「Boozurk」は他の日本語のフリーWordPressテーマよりも完成度は高いと感じる。

Free Themes

Free Themes

デモ画面

「Fastfood」

Fastfood

Fastfood

「Fastfood」のデモ画面と実際に使っているサイトを見てほしい。右がデモ画面だが、イタリアの方が作成したにも関わらず和風テイストである。
下が実際に私が「UBUNTU12.04LTS使い始めました」で利用している「Fastfood」である。

Fastfood利用サイト

Fastfood利用サイト

割と簡単にサイトを作成することができた。全体のレイアウトが崩れることもなく、綺麗に仕上がっていると思う。カスタマイズが完全に日本語対応しているのはありがたい。

「Wallow」

Wallow

Wallow

同様に「Wollow」のデモ画面と実際に使っているサイトを見てほしい。右がデモ画面だ。「Fastfood」同様、しっかりしたレイアウトである。下が実際に私が「英語上達完全マップをやってみる!」で利用している「Wallow」である。

Wallow利用サイト

Wallow利用サイト

「Fastfood」同様、割と簡単にサイトを作成することができた。全体のレイアウトが崩れることもなく、綺麗に仕上がっていると思う。カスタマイズが完全に日本語対応しているのはありがたい。
モーダル表示のJqueryである「Thickbox」が標準で装備されている。

「Shiword」

Shiword

Shiword

次に「Shiword」のデモ画面と実際に使っているサイトを見てほしい。右がデモ画面だ。作者自身のホームページ「Two Beer Project」でも利用されている。
斬新なレイアウトである。
下が現在私が作成中の「Shiword」である。

Shiwordで作成中

Shiwordで作成中

斬新なレイアウトなので、どのように利用するかは思案中だが、レイアウトも崩れずに、カスタマイズも完全に日本語対応しているので、試行錯誤しやすい。

「Boozurk」

「Boozurk」は実際に利用していないので細かいコメントはしない。
以上で簡単な紹介は終わり。
次の機会にはひとつひとつのテーマを詳細に説明したいと思う。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

もし良ければお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良かったらフォローお願いします。