WordPressや普通のブログ、Facebook、Tumblr、Flickr、Dropboxなどなんでも連携できるIFTTTを使ってみよう

【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

IFTTTとは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士を連携させることができる海外のウェブサービスのこと。
現在、75のチャンネル(連携させることができるWordPressやFacebook等をチャンネルと呼んでいる)が利用できる。海外のサービスだが、使い方は非常にわかりやすい。

主要な連携のさせ方としては、違う種類のwebサービスへ「同時投稿」することや、自動でオンラインストレージと連携することだろう。IFTTTへの登録や簡単な利用方法を紹介する。

IFTTTへの登録

IFTTTのホームページへアクセスし、「Join IFTTT」をクリックする。
1join
任意のUsernameを決めて、E-mailアドレスと任意のパスワードを記入の上、「Create account」をクリックする。
2create account
登録したE-mailアドレスに確認メールが届くので、「Confirm your account」をクリックする。
3mailconfirm
これで登録は完了。

IFTTTの利用

IFTTTのホームページへアクセスし、登録したE-mailアドレスとパスワードを記入して、「Sign in」をクリックする。
4signin
表示されるのが、デフォルトの管理画面となるダッシュボート。
5dashboard-create
ここから、「Create」を使って、自分で「レシピ(Recipie)」を作成したり、「Browse」を利用してほかの人が作成した「レシピ(Recipie)」を使用したりする。
具体的な「レシピ(Recipe)」の作成方法については、次回、紹介する。以上

参考

私が利用しているチャンネル

image1

「レシピ(Recipie)の一例」

IFTTT   Recipe 6527228

利用可能チャンネル一覧

channellist

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

もし良ければお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良かったらフォローお願いします。