バリューサーバーにssh接続してみた

【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

VCCWのwordmoveを使う前段階として、自分が借りているサーバーであるバリューサーバーにssh接続する方法を確認した。

手順

公開鍵方式ではなく事前にアクセス元(自分)のIPアドレスを登録して、後はFTP接続と同じようにユーザー名とパスワードを利用してssh接続する。
PuTTY、TeraTerm、Cyberduckで接続してみたが、どれも問題なく接続出来た。

アクセス元(自分)のIPアドレスを登録

まずは、バリューサーバーにログインしてコントロールパネルでSSH登録を行う。

コントロールパネルの左下にある「お役立ちツール」の「SSH登録」をクリックする。

アクセス元(自分)のIPアドレスが表示されているのを確認して、「SSH登録」をクリックする。
5分程度待てば、SSH接続が可能になる。

SSHクライアントで接続

簡単に言ってしまうとssh接続に必要な情報は、バリューサーバーのコントロールパネルにログインするための情報と同じ。
多分これが一番わかりやすいと思う。

用語の対比

SSH接続クライアントツールによって言い方が違うので、対応させたのが、下表。

バリューサーバーログイン情報バリューサーバーFTP情報PuTTYTera TermCyberduck
サーバーFTPサーバーHostName
(or IP Address)
ホストサーバー
IDFTPアカウントlogin as:ユーザー名ユーザー名
PASSWORDFTPパスワードpassword:パスフレーズパスワード
接続方式----Connection Type:SSHサービス:SSHSFTP
(SSHによる暗号化FTP)
ポート----222222

mysqldumpのパスの確認

同じ会社が運営するコアサーバー(CORESERVER)でmysqldumpの処理で失敗するとあったので、一応パスを確認してみた。

ssh接続して、ターミナルで

which mysqldump
/usr/bin/mysqldump

であれば問題ないということであったが、バリューサーバーの場合、上記と一緒だったのでそのままで大丈夫そうだ。
以上